Tokyo Otaku Mode エンジニア ふじこ

tokyo otaku mode

女子Tech編集部です。

今回は、世界に誇る日本のポップカルチャーコンテンツを世界中に届けているTokyo Otaku Mode Inc.(以下、TOM)のエンジニア、ふじこさんにお話お伺いしました。

TOM4

ご経歴を教えて下さい。

大学卒業後、受託開発の会社にエンジニアとして入りました。その後も、ソーシャルゲームの会社、自社サービスをメインで行っている会社、そして、TOMに転職したのですが、ずっとエンジニアとして働いています。

 

入社したきっかけを教えて下さい。

単純に面白そうだったからです。前職で、海外系のECサイトを担当しておりまして、そのリサーチがてら色々見ている中でTOMを知って、いいなと思いました。その後に、TOM主催の技術的な勉強会に参加して、発表を聞いてさらに魅力に感じ、偶然にもエンジニアを募集していたので応募し、入社しました。

どういうところが面白そうだったかというと、商材ですね。具体的にはおもちゃです。

もともと、おもちゃが好きでして、おもちゃ業界に進みたいと思っていたんですよ。そういう意味では、TOMもおもちゃを取り扱っているというところで、やりたいこととマッチしていましたし、また、技術的なところも興味がありました。TOM では Node.js と MongoDB を採用しています。Node.js と MongoDB を採用している会社は他に聞いた事はありませんでした。
Node.js は JavaScript という言語を使用する環境 で、 MongoDB はデータベースの一種です。
なぜ興味を持ったかというと、これらを採用している TOM が運用しているのが EC サイトであるという事です。EC サイトは、注文毎にたくさんの処理やデータの更新・作成が必要です。
Node.js は、Webプログラミングに多い待ち時間の間に複数の処理を並行して行えるのが特徴である半面、EC サイトでの注文処理の様に前後関係が重要な処理を行う場合は、プログラミング時に少し考慮が必要になります。また、MongoDB は他のデータベースとは違い、トランザクション機能がサポートされていません。このため、データの更新・作成が一部だけ失敗した場合の事も考慮してプログラミングする必要があります。
TOM を知るまでは、Node.js と MongoDB を利用して EC サイトを運用するなど想像もできませんでしたが、それをやってのける TOM がどのような工夫をしているのか、というところにとても興味を抱きました。

ただ、、私はJavaScriptが泣くほど苦手で、前職では泣きながら帰ったりしたこともあります。そういう意味ではすごく不安でしたが、やってみると克服できたので、食わず嫌いのままでおらず挑戦して良かったなと思っています。

TOM3

なぜ、エンジニアという職業を選んだのですか?

実は、もともとエンジニアになりたかったわけではありませんでした。

大学では、哲学をずっと専攻していました。哲学を選んだ理由は高校の授業の中で1番面白かったから。そしてもう少し勉強したいと思ったのも哲学だったからです。哲学をやったことは微塵も後悔していないですし、とても楽しかったのですが、いざ3年生になったときに、就職に全然繋がらないということが分かったんですよ。職業にすることがとても難しい。とはいえ、私には哲学以外武器にはならなかったので、就職先を職種で絞るのはやめて、興味のある会社を選んで受けていって、たまたま受かったところがエンジニアを採用していて、そこからエンジニアになりました。

 

エンジニアになるには、何からはじめたら良いのでしょうか?

大学生の時にはエンジニアになるとは全く思っていなかったので、パソコンやプログラミングについては何の知識もありませんでした。

私は未経験でパソコンの電源の付け方から教えてもらえる会社に入社できたので、運が良かったと思うのですが、改めて考えてみると、国語の勉強をやっていた方が良いと思います。

意外かも知れませんが、エンジニアをやっていて、数学で困ることはほとんどありません。地理も理科もほぼ関係ないですが、国語で困ることはあります。なぜかというと、プログラムを論理的に組み立てなければならない、また、プログラマーの職場はプログラムができる人ばかりじゃないので、プログラムがわからない人に説明することも多いんです。そういうときに、国語をきちんとやっていた方が役に立つかなと思います。

国語の勉強と言われても難しいと思うので、本を読むとか、論理的なパズルをするとか、そういうことでも役に立つんじゃないかと思います。

 

今の仕事内容を教えて下さい。

TOMのECサイトの保守・運用を行っています。デザインとアプリ以外は何でもやっています。私がやっているのは、見た目にわからないところが多くて、例えば、サイトの動きをはやくしたりですね。

 

仕事のやりがいを教えて下さい。

何でも楽しめるタイプなので、仕事のやりがいと言われると難しいのですが、醍醐味はあります。狙い通りにプログラムを修正することができたときや、ユーザーさんからフィードバックをもらえるシステムを作っているので、そこで良いフィードバックがあるとき、また、障害が起こったときに直すことができたときなんかも醍醐味だと感じます。

 

何をやっている時が楽しいですか?

何をやっていても楽しいです。

エンジニアの中には、人と話すのが苦手という人もいると思うのですが、私はマネージャーやディレクターと話をするのも楽しいですし、説明をするというのも苦ではなく、全て楽しんでやっています。

 

モチベーションはどのように維持していますか?

モチベーションに左右されずに仕事の責任は果たさなければいけないと考えているので、モチベーションを維持しようという気持ちはそもそもあまりありません。

前提として、仕事は何をやっても楽しいのですが、とはいえ、やる気がないときは確かにあって、そういうとき、なぜ、やる気がないんだろうと考えてみると、仕事以外でやりたいことがあるとだいたい仕事に対してやる気が出でないんだろうなと。あそこ行きたいとか、これ食べたいとか。なので、そんなときは、定時で帰ってやりたいことをやり、次の日に思いっきり仕事をするようにしています。

TOM5

今、気になるwebサービス、アプリ等はありますか?

「これ!」という特定のアプリはとくにないのですが、例えば動作速度の速い(サクサクしている)アプリを見つけると、どんな工夫がされているのか気になります。例えば、商品一覧画面が無限にスクロールできるっていうのは、意外と難しくて、そういうところが上手くできているアプリをみるとすごいなと思います。

あと、使っているアプリでいうと、ヤフオクですね。レゴとビックリマンシールが好きなのでヤフオクを利用して集めています。

 

夢を教えて下さい。

エンジニアはどこの会社に行っても基本的に仕事内容は同じです。どこでも通用する仕事だと思っています。私はとにかくレゴが大好きなので、せっかく今おもちゃを取り扱う会社にいますし、いつかレゴに関わる仕事をしたいなと思っています。

エンジニアという武器を利用して、そのときやりたい仕事をやりたい形で、できるというのを目指しています。

TOM2

【学生へのメッセージ】

学生のうちにやっておいて良かったこと、やっておいたら良かったと思うことはありますか?

とにかく外出やスポーツ、飲み会など、友達づきあいの時間を多くとったことが良かったなと思います。友達ができるというのが大事で、社会人になると、友達はできるのですが、業種や職種で偏りがちです。その点学生の時の友達はそういった偏りがありません。業種を越えた友達というのはすごく大事だと思うので、友達づきあいは大事にしておくと良いと思います。

やっておいたら良かったと思うことは、つきなみですが旅行ですね。社会人になると時間もとれなくなってしまいますし。

 

今のご自身を作っている過去の経験を教えて下さい。

哲学の勉強を大学でしたことですね。両親にはとても感謝をしています。

哲学を専攻したいと言ったときに、最初は反対されました。でも最終的には理解してくれたんですよ。哲学をしていなければ、今の自分はないと思っています。

家族の話になったので…(笑)。お墓参りに行くことは大事だと思います。

私は、お盆の時期には毎年実家に帰っています。お墓参りに行くというのは祖父母を大事にする方法の一つだと思っています。祖父母はとても知恵が豊富ですし、私は人としての在り方や生き方も教えてもらったと思うのでそういう存在を大事にするというのは自分のためにはかなりプラスになると感じています。

教えてくれる人は大事にした方が良いと思うんですよね。仕事の上でも、教えてくれる上司や先輩の話はきちんと聞くことを心掛けています。

 

エンジニアになりたい学生へのメッセージをお願いします。

エンジニアは、基本的に楽しい職業ですし、給料も高い方ですので、良い職業だと思います。なりたいと思っている人にはおすすめです。

ただ、未経験のことを未経験のままはじめられるというのは新卒の入社時だけだと思うんですね。なので、色んなところを見て、今はまだできないけどやりたいことが見つかったら、どんな職種でもチャレンジしてみると良いんじゃないかなと思います。

とはいえ、基本的にはエンジニアはおすすめの職業なので、もし、なりたい方はどんどんチャレンジしてください。

 

ふじこさん、ありがとうございました!

Tokyo Otaku Modeさんでは、今、アプリエンジニアを募集しているそうです。

 

ご興味のある方は、コチラ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. jttop
    女子Tech編集部です。   今回は、『TECH::CAMP』を運営するdivの中山紗彩…
  2. toyoda joshitech
    女子Tech編集部です。 今回は、『おうちごはん』でも人気の、トレンダーズ…
  3. umezawa icatch
    こんにちは!ともよです。 今回はアプリボットのマーケティングチーム マネー…
ページ上部へ戻る