ハグカム リーダー 服部舞

hattori i

女子Tech編集部です。

今回は、『GLOBAL CROWN』を運営するハグカムのリーダー服部舞さんにお話をお伺いします。

hattori02

リーダーとのことですが、服部さんはインターン生なんですね!

はい!大学在籍中で、2014年に1年間留学をしていたので、今、5年生になります。

ハグカムのインターンを始めて、もうすぐ1年が経ちます。

『GLOBAL CROWN』が始まるタイミングでインターンを始めているので、1番最初の生徒さんの先生をやったのも私です。

 

現在の仕事内容を教えてください。

カリキュラムの精査をしたり、レッスンの品質を維持するために先生にフィードバックをしたり、生徒さんの親御さんにサービスについてヒアリングをしたりすることがメイン業務になります。加えて、自分自身も先生として、実際にレッスンも担当しています。

 

『GLOBAL CROWN』の特徴を教えてください。

強みとしては、簡単な独自のアプリと、バイリンガルの日本語の講師というところです。

オンライン英会話というと、Skypeがメインで、受講するためにはパソコンをわざわざ開かなければならないことが多いと思います。

ただ、色んな親御さんにヒアリングをすると、自宅でパソコンを開くことはほぼないけれども、iPadであれば触る頻度は高いという意見が多くて。今のお子さんはYouTubeを自分で見たりしますよね。そういう意見を踏まえて、弊社では独自でアプリを開発しました。

対面のレッスンはもちろんのこと、子供向けにイラストを使ったレッスンもできますし、講師は全員日本語でフォローができるバイリンガルというところで、他のオンライン英会話とは差別化ができているのではないでしょうか。

 

なぜ、バイリンガル講師にしたのですか?

他のオンライン英会話では、海外のネイティブの先生とお話ができるというのがポイントになっているかと思いますが、弊社は敢えて、日本語でフォローができ、英語もネイティブと同様の発音ができるバイリンガルの先生のみを採用しました。実は、ネイティブの先生でやったこともあるのですが、子供が話すちょっとした会話を日本語が堪能な方でも聞き取れなかったりして、細かいコミュニケーションが取れないという問題がありました。だからこそ、子供ともきちんとコミュニケーションが取れるバイリンガル講師のみでやろうということになりました。

今、先生は大学生がほとんどなのですが、年齢が近いお兄さん、お姉さんの事を大好きになってもらって、先生とお話しがしたいから今日もレッスン頑張るみたいな動機でできるといういい流れができています。

hattori03

なぜ、インターンを始めようと思ったのですか?

アメリカ留学から帰ってきた後、何か始めようと思ってFaceBookを見ていたところ、ハグカムの代表である道村のインターン募集の投稿を私の大学の先生が、英語できる人これやってみたらという形でリンクをシェアしていて、ハグカムのサイトに飛んだところ、まだ何も決まっていない設立したての会社で。「子供」、「英語」が決まっているぐらいで、0ベースでサービスを作っていくという状況でした。

そこにピンときたといますか、面白いなと思って。小さい時にいとこが産まれて、よく遊んだりしていたので小さい子の扱いが上手と言われていたこともあり、「英語、子供、私じゃない!?」と、私にしかできないんじゃないかというぐらいの思いで面接に行きました(笑)。

 

どんな学生生活を送っていますか?

私の大学には、1 つ上の学年の先輩がメンターになって授業を運営し、学生生活を支援するStudent Assistantという制度があります。

学部の中で18名選ばれるのですが、成績だけではなく、コミュニケーション能力なども必要で、面接もあるので倍率は3、4倍になるのですが、大学1年生の終わりに、2番で潜り抜けました。

なので、大学生活では、メンター、アドバイザーとしてどうすれば授業がもっと面白くなるか、学生のモチベーションを上げるにはどんなアプローチが必要かを考えて過ごしました。そういう経験もあって、教育の分野にも興味を持つようになりました。

 

留学をした理由を教えてください。

幼少期から英語を学んでいたこともあり、英語を学びたい、英語面白そうだと思って国際学科に入ってみたら、私以外の全員帰国子女でした。

筆記試験だけはすごくできるタイプだったので、いいクラスに配属されてしまい、周囲が帰国子女で英語も堪能、クラスでうまく発言ができないということが悔しくて。

ただ、このまま大人になったら絶対に後悔すると思いましたし、とにかく昔から負けず嫌いで、自分に嫌なことがあったら思い立ってカッとなっちゃうので、このまま一生英語を話せない劣等感を味わい続けるのは嫌だと思って留学しました。

海外に行った理由が、英語を話せるようになりたい、負けたくないというものだったので、それ以外のことを取り組むという考えがないまま行ってしまって、それで少し自分を見失うこともありましたが、帰ってきてからは、ちゃんとやりたいことをやろうと。そういう想いもあってインターンに応募しました。

 

今気になるwebサービス、アプリはありますか?

『GLOBAL CROWN』はとてもいいサービスだと思います。

私自身が先生の立場なので、ユーザーとしてではなく先生の立場でお話ししますと、ぜひ、英語も子供も好きという大学生の皆さんには先生として活躍して欲しいと思っています。先生というと教える立場になりますが、子供たちから教わることが本当に多いです。無邪気で元気なので単純にパワーももらえます。

レッスンは15時〜20時の時間を限定させていただいているので、学校が終わってからとか、15時〜であれば授業と授業の空いている時間でできるということもあって、既存の大学生の先生たちからも好評です。

wifiの環境とパソコンさえあればできるので、図書館の小部屋でやっている先生もいて、昼は空き時間にこのバイトを、夜はしっかり居酒屋でバイトをしている先生も多いです。

留学後に英語を使う場所がないという方もいますが、先生になることで復習もできます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夢を教えてください。

漠然としていますが、日本人がもっと外国に行って、自信が持てる環境にしたいというのが夢です。

留学中、英語以外でも何かやろうと思っていたのですが、その1歩がなかなか踏み出せませんでした。やはりアジア人で、自分も英語が話せない、発音が上手くないということでセーブしてしまって。

ただ、人間の魅力って言語だけではありませんよね。

そこで考えたのが、言語を強化するか、あるいは、日本人が外国でも自信を持てるようにするということで、将来はそのどちらかを極められるような仕事をしたいなと思っています。

案はまだないですが、就職もそういう方向で考えています。

インターンでは、言語の強化の方をやっていたので、就職活動では、自国の、日本の魅力を高めるというところで、サブカルチャー以外にも色々いいところがあると思うので、世界に誇れる日本のものづくりを後押しできるような仕事をしたいなと思っています。その2つを経験してみて、最終的にどちらがいいかを考えたいなと思います。

 

服部さんありがとうございました。

『GLOBAL CROWN』で先生として活躍したい!という方、ぜひ応募してみてください〜!

 

詳細はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. toyoda joshitech
    女子Tech編集部です。 今回は、『おうちごはん』でも人気の、トレンダーズ…
  2. umezawa icatch
    こんにちは!ともよです。 今回はアプリボットのマーケティングチーム マネー…
  3. jt fuku01
    女子Tech編集部です。 今回は、サイバーエージェントの福地さんにインタビューしてきました! …
ページ上部へ戻る