コードキャンプ 代表取締役/CEO 池田洋宣

codecamp top

女子Tech編集部です。

今回は、現役エンジニアからマンツーマン(個別指導型)で学べるオンライン・プログラミングスクール『CodeCamp(コードキャンプ)』を運営するコードキャンプ代表の池田洋宣さんにお話を伺いました。

インターネットとパソコンさえあれば、全国どこからでもマンツーマンレッスンを受けることができる!ということなので、プログラミングに興味がある方は必見ですね。

ikeda2

ご経歴を教えて下さい。

早稲田大学第一文学部を卒業後、株式会社サイバードでWEBディレクターとして、クライアント企業のモバイルサイト企画やモバイル広告制作を担当しました。その後、株式会社ビジネス・ブレークスルーに移り、日本2例目となるオンライン大学、ビジネス・ブレークスルー大学の広報・マーケティング業務を開学1年目より担当しました。

それから、コードキャンプ(旧社名はトライブユニブ)を立ち上げました。

起業自体は中学生の頃から考えていまして、ただ、具体的なアクションというのは高校生、大学生、サイバード時代はとれなくて、いつかはしたいなと思いながら過ごしていました。

1社目のサイバードに入った理由は、広く経験を積みたかったからです。今でこそゲームが主力ビジネスになっていますが、当時は、事業の幅も広かったんですよ。僕もたばこメーカーのプロモーションをやっていました。ただ、自分はたばこも吸わないし、学生時代からいわゆるソーシャルベンチャーや、社会貢献とビジネスをどう両立させるかっていうところに関心があって、何か違うなって思ったんです。加えて、そういうマインドを持っていたので、教育の分野が面白そうだなと思っていて、当時は、eラーニングのように動画を流すものしかなくて、まだIT化も進んでおらず、そこが革新的というかイノベーションの可能性が大きいと思って。

そういう考えを持ちつつ次は起業しようという想いで、ビジネス・ブレークスルーに移りました。実際、ビジネス・ブレークスルーで教育ビジネスは自分に合うなという確信があったのと、ようやくそのころになって、Edtechブームがきて。海外では大学の授業をオンラインで配信することがトレンドにもなってきました。日本でも次第にオンライン教育のスタートアップが立ち上げってきていて、先にスタートしているプレイヤーが出てきたというところで、そろそろ外部環境もいいので、やるべき時期かなというところで起業しました。

 

教育の中でも、なぜ、プログラミングのオンライン学習を選んだのですか?

旧社名はトライブユニブでして、ユニブというのが元々ユニバーシティのユニブからとっています。トライブというのが、繋がりという意味なのですが、そのときの構想としては、今のようにプログラミングに絞ってはおらず、オンライン上で繋がりから学ぶといったように、教えるスキルを持った個人が教えたい人に教える個人のCtoCのマッチングを構想していました。

なので、プログラミングのオンライン学習と決めていなかったのですが、実際に事業として立ち上げようとしたときに、正直、ビジネスプランが明確になっていなかったので、インキュベイトキャンプ(3ヶ月で投資家のメンターがついてアイディアをブラッシュアップして最後にコンテストをしていいところには出資しますというコンテスト)に参加しまして、ディスカッションしている中で、サービスとして、もっと尖らせないとなかなか突き抜けられないよねという話になって。

単純に何でも学べるマッチングサービスだと、ユーザー側はどういうときに使うのかというシチュエーションが最初は伝わりづらいと。学びたいニーズのあるところに一点突破でした方がいいんじゃないかと。

英語やろうとか、料理やろうかとか色々あったのですが、もともとIT企業の出身ということもあって世の中的にプログラミングを義務教育化すべきだとかエンジニアになる人以外も学ぶべきだという潮流がありましたし、僕自身ニーズを感じていたので、そういうところで、まずは、プログラミングをマッチングさせて教えるという事業をやることに決めました。最初はトライブユニブがCodeCamp(コードキャンプ)を運営という形でやっていたのですが、だんだんとコードキャンプの方が認知されてきて、説明コストもかかるというところで会社名もコードキャンプに変えました。

 

サービスの特徴を教えて下さい。

他社さんは基本的には、配信されたもの、出てくる教材を自分で進めるという学習スタイルになっていると思います。その中でコードキャンプは、マンツーマンでビデオ通話を使ってリアルタイムで双方向で教えるという形になっているので、そこが分かりやすい大きな特徴です。

動画や教材を使って独学でプログラミングを学び始める方ってもちろん多いのですが、挫折してしまう方も多くて。複雑なものなので対面で教えてほしい、手ほどきを受けたいというニーズは結構あったんですよ。一方で、スカイプ英会話はものすごくたくさんの事業社があったなかで、プログラミングに関しては僕たちが作るまで存在していませんでした。なので、ここは、ポテンシャルがあるなというところではじめまして、実際、運用してからも、やはり、マンツーマンでレッスンを受けることができるというところにニーズがあり、ユーザーからも好評です。

 

価格帯はどのぐらいですか?

1レッスン3,200円〜です。

何と比較するかにもよりますが、独学の方は、動画だと無料、教科書を買ったとしても数千円なのでそれと比較すると高いと感じると思います。一方で、スクールや専門学校だとプログラミングやWebデザインを教えているスクールは半年で50万円前後、専門学校に行けば1年で100万円が相場になってきます。コードキャンプの場合はフルセットで学んでも30万円。そう考えると、半額近くになります。やはり場所代がかからないので管理コストがかからないですし、オンラインなので受付がいなくてもいいとか、そこでコストは抑えることができるので安く提供できていますね。

 

講師の方はどのような方ですか?

ほとんどの方はフリーランスのエンジニアです。昔は会社員をしていて、今は独立して事業を営んでいる方がほとんどです。一部は会社員で副業としてやっているような方もいますね。

講師の方は、東京だけでなく、関西や九州といったように、色んなエリアでご活躍いただいております。オンラインなので講師もどこでも可能なんですよ。

エンジニアもタイプが分かれるかなと思っています。ひたすら技術を突き詰めたいという方で会話はなるべく避けたいという方がいらっしゃる一方で、後輩を育てるのが好きとか、人としゃべる仕事もしたいという方もいらっしゃって。講師の方の中では、誰かに教えるという仕事がしたいという理由ではじめて下さる方も多いです。

プログラミングの講師はスキルを持っていても、講師業が一般化されていないので、逆に言うと、講師業やるならそれ専任になってしまいます。コードキャンプの場合は正社員ではないので、講師業をやりながら、他の仕事も並行してやっていける。しかも自宅でできる。そういう仕事のやり方がなかったということで、講師の方にも好評ですね。

 

エンジニアに必要な素質とはどのようなものだとお考えですか?

プログラムを書く上では、いわゆるロジカルシンキングや、数学的な能力に長けていた方が、身に付きやすいかなと思います。一方で、先ほども申し上げた通り、同じエンジニアといえども、エンジニアリングを突き詰めていく方と、コードもかけるしデザインもできるといったようなオールラウンダーみたいな方もいらっしゃいます。女性の方は割とそういうタイプの方が多いかなという印象です。なので、ちゃんと勉強すればスーパープログラマーにはならなくても基本的なところは身に付きますし、エンジニアも色んな方がいた方がいいと思うので、絶対にこのスキルが必要というものはないと思います。

ikeda4

現状の手応えを教えて下さい。

これまでの受講者は、もともとは本気度が高いと言いますか、プログラミングの知識を身につけて起業するような男性が多かったのですが、最近は、例えば、ECサイトの会社にいて、ちょっといじらなきゃとかワードプレスをカスタマイズだけしたいという方も増えてきています。

サービスの立ち上げ当初とは違う部分があって、エンジニアではないけど、ディレクターやデザイナーとして技術のことを理解したいとか、それこそ本当にもう少し改善したいとか、ライトなニーズの多様化はあるかなと思っていて。プログラミングをする層が昔と比較して広がっています。

今までは教科書で勉強したけど全然要領がつかめなかったという方、プログラミングが苦手という方ともコードキャンプは相性が良く、意外とできるじゃんって思ってくれている方も多いみたいなので、そこは存在意義だなと思っています。

皆さんの手元にもインターネットに繋がった端末がスマホはもちろん、家電などでもIoTと言われるように、どんどん身近になってきているので、構造を理解したいとか自分たちの事業に応用できるんじゃないかというところで、プログラミングに関心を持つ人が今までに比べて増えていてそういう意味でも手応えは感じていますね。

 

成功の秘訣を教えて下さい。

まだまだ成功しているとは言えないので、なんとも言えないというのは大前提にあるのですが、ある程度、サービスとして芽吹きはじめているところでいうと、ポイントは2つあると思います。

1つは、時流です。なんだかんだ世の中の大きな流れに合っていないと、そもそも市場自体が小さすぎるという可能性があります。いかに世の中のニーズに合ったものを提供できるか、トレンドにのれるかというところが重要かなと思っていまして、そういう意味で、オンライン教育の波とプログラミング教育という2つの波がきて認知されてきた時にプレイヤーとして入れたというのが大きなポイントだと思います。

もう1つは、我々の会社のメンバーは比較的穏やかなメンバー多くて。すごく静かなわけではないですが、真面目にやってきました(笑)。色々会社があるなかで、俺たちスタートアップだぜ!みたいな、サラリーマン時代は普通に朝出勤して夜に帰っていたのに、スタートアップになった瞬間、勤怠が乱れたりする会社もあると思うのですが、我々の会社は、いわゆるサラリーマンっぽくやるというか、着実にPDCAまわしましょうみたいな。そういうところも1つポイントになっているかと思っています。

ikeda

今、気になるwebサービス、アプリ等はありますか?

10月にオフィス移転をしたこともあり、オフィスをどうするか考えている段階で気になったサービスがあります。それがスマートロックです。携帯で鍵をあけるというものですね。何がいいかというと、皆に鍵を配る必要もないし、端末で認証もできるので、誰が入ったという履歴もとれます。

コンピューター化されていない領域が意外とあって、これだけ技術が進んでいるのに、鍵って未だに持ち歩かなくてはいけないですし。

たまたま移転のタイミングだったので非常に興味深いですね。

 

ちなみに1番いいアプリだと思っているのは、モバイルSuicaです。

これもスマートロックに近いと思うのですが、財布を持たなくていいというだけで、すごくいいんですよ(笑)。無いだけで、ストレスフリーです。

 

夢を教えて下さい。

まずはプログラミング教育を広げることです。

実際エンジニアになるかならないかでいうと、エンジニアにならない人も多いのかもしれないのですが、ベーシックなスキルとしてプログラミングのなんたるか、コンピューターの仕組みとか、そういうところを知っておくというのはIoTを考えるときにも必要だと思うんです。鍵をプログラムで動かせばいいんじゃないのって、プログラミングの知識がないと考えつかないですよね。発想を持つという意味でも万人が知っておいて損はない事だと思うので、プログラミングの教育を広げていきたいなと思っています。

その中で、コードキャンプが中心的な存在になっていきたいなと、そして、それをより短い期間で達成したいと思います。

個人的には、先ほど申し上げた通り、興味関心が、エンターテイメントよりも社会インフラにありまして、教育、医療、福祉といったライフインフラにどのように関わりを持たせるか。逆にいうと、エンターテイメントは最先端なので、どんどん新しい物が出てくるんですけど、ライフインフラのところはまだまだイノベーションの余地がある。役所はいつまで紙なのっていう話もありますよね。もちろん色々制約があると思うのですが、そこをITで改革していきたいですし、快適な世の中になるように手助けできればいいなと思っています。

 

学生のうちにやっておいて良かったこと、やっておいたら良かったと思うことはありますか?

やっておいて良かったことは、インターンシップです。学生ながらに営業の仕事をしていまして、それにのめり込みすぎて学校に行かなくなってしまったのでプラスもマイナスもありますが、その経験は良かったと思っています。

例えば、ベンチャーやスタートアップの会社って人生の中で接しないかもしれない領域で、起業とかしている人がどういう感じなのか、逆にインターンだったらリスクフリーで経験できるのでいいかなと思います。

やっておいたらよかったことは、ちゃんと4年で卒業することですね(笑)。海外旅行もたくさんしておけば良かったです。時間があると思うので、社会人になったら難しいこと、特定の分野について調べ尽くすとかもいいかもしれないですね。

 

エンジニアになりたい学生へのメッセージをお願いします。

エンジニアの地位、世の中での見られ方は、かなり変わってきている印象があります。昔は、オタクのイメージがあったと思いますが、今は、できるとかっこいい、最先端といったようにマインドが変わってきていますし、物理的に給料などの条件も変わってきています。加えて、エンジニアは選べる選択肢も多く、ビジネスサイドの人間だとなかなか1人で独立するのが難しいと思うのですが、エンジニアであれば自分でサービスが作れるので、会社員、フリーランス、起業という選択肢があります。

どういう立場を選ぶにしても、1人でモノを作れるというスキルは土台になると思うので、現代社会においては究極の手に職というか、言ってしまえば居住地も選べますし、すごく強力な能力だと思います。スキルがある上でエンジニアじゃない職に就いてもいいので、キャリアのスタートとしてエンジニアをやるというのはメリットになるのではないでしょうか。

 

池田さん、ありがとうございました!

確かに、エンジニアのニーズは高まってきていると感じます。エンジニアを探している企業さんも本当に多いという印象です。

エンジニアはさらに価値が高くなるのではないでしょうか!

 

コードキャンプに興味のある方は、コチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. toyoda joshitech
    女子Tech編集部です。 今回は、『おうちごはん』でも人気の、トレンダーズ…
  2. umezawa icatch
    こんにちは!ともよです。 今回はアプリボットのマーケティングチーム マネー…
  3. jt fuku01
    女子Tech編集部です。 今回は、サイバーエージェントの福地さんにインタビューしてきました! …
ページ上部へ戻る