株式会社ジーニー 第一メディア部 木村彩香

Geniee top

こんにちは、ともよです!

今回は、最先端のアドテクノロジーで企業の収益最大化に貢献するジーニーの木村彩香(キムラサヤカ)さんにインタビューしてきました。

kimura3

ご経歴を教えて下さい。

青森県出身(家はリンゴ農家)で、高校までは青森に住んでいました。

卒業した後は静岡大学に進学しまして、人文学科で哲学を専攻しました。その後、就職で東京に来ました。

 

入社したきっかけを教えて下さい。

ジーニーでインターンをしていた知人の紹介で人事の方と一緒に食事をしたことが入社のきっかけです。アドテクについて沢山質問をしたところ「一度、説明会へ来たら?知りたいことを説明しているよ」と言われました。その後、説明会を受けに来てから選考に進み、ジーニーへの入社を決めました。

初めは、人の役に立つ仕事がしたいという思いと、人生の大きな決定に携わることができる仕事に就きたいという思いがあって、人材系の会社を志望していました。しかし就職活動を進めていくうちに、自分の持つ理想と現実の間にギャップがあるのではないかと思い始めました。そんな曖昧な思いで面接を受けていたので、受からなかったのかもしれません。

改めて自分がどうなりたいか考えてみたときに、どこでも必要とされて自立できる仕事が良いなと思うようになりました。加えて、これからITはずっと伸びていく業界だと思ったのでIT業界にシフトして就職活動を行いました。

 

なぜ、IT業界の中でもアドテクを選んだのですか?

アドテク業界には巧まずして入りました。

企業選びの際、IT業界はベンチャー企業も多いですし、成長できるスピードがより早いと思って、ベンチャー企業に絞って探しました。

プログラミング講座にも通っていたので、IT企業の業務内容は、ある程度イメージができました。そんな時に、先程も申し上げた通り、友人に声を掛けてもらい、アドテク業界に興味を持ちました。

kimura1

仕事のやりがいを教えて下さい。

私はGeniee SSP(Supply-Side Platform)というウェブメディアが持つ広告枠の収益を最大化させる仕組みの販売を行っている営業なので、クライアントから、「木村さんのおかげで売上げが上がりました。」と喜んで頂けることに、とてもやりがいを感じます。

人のために何かする、役に立つことをするというのが、そもそも仕事をする上で大切にしていた軸なので、ジーニーのサービスをご提供してクライアントに喜んでもらえたときは、本当にこの仕事をしていて良かったなと思います。

 

モチベーションはどのように維持していますか?

クライアントの売上げをもっと伸ばしてあげたい、楽にしてあげたいと思って仕事をしているので、売上げが上がった、楽になったと言われるとモチベーションになります。

 

今、気になるwebサービス、アプリ等はありますか?

ポイント系のサイトや、クーポンのサイトです。こういったサービスを運営しているクライアントも多いので、自然と広告収益最大化の観点から興味を持っています。

個人的によく使っているのは、Zeetleというアプリです。私のよく行くお店に導入されているのですが、店舗に設置されている機械にZeetleのアプリをかざすとポイントが貯まるというものです。ポイントカードの電子化のようなものですね。位置情報を利用して、Zeetleが導入されている店舗が近くにあればプッシュ通知でお知らせしてくれますし、ポイントが貯まるとクーポンが発行されて、とても便利だなと思います。

ポイント系のサイトや、クーポンのサイトも、位置情報やFree Wi-Fiと掛け合わせて、リアルの世界と連動するようにできれば面白いなと思っています。ジーニーの社員同士でも、色んなアプリを使って、「これ、ここの仕組みを最適化したほうが売上げあがるよね」、「うち使えば良いのにね」という会話は結構します。

家に届く紙のチラシを見ても「電子化すれば、ターゲットが絞れてもっと効果的に広告打てるのにもったいないな」と思うこともあります。

kimura6

夢を教えて下さい。

頼られる人になりたいなと思います。

今は、助けてもらってばかりなので、周りから頼んだぞと言われるようになりたいです。

具体的な理想像、目指したい人でいうと、私のチームリーダーです。

営業ではあるのですが、色々な仕事を任されています。クライアントのところに行く以外にも、他のSSP事業社やアドネックワーク事業社との折衝や交渉を行っています。本人も沢山の案件を担当しているので毎日忙しいのですが、それに加えて社内でも色々任されています。それを見て、すごいなと憧れると同時に、大変そうなので、もっと自分が頼られる人になって、リーダーにもう少し楽をさせてあげたいと思います。

 

ライフプランを教えて下さい。

成長スピードの早いベンチャーに絞って企業選びをしたのは、女性ならではのライフイベントに合わせて、選択肢を多く持つためでもあります。女性は結婚や出産の際にキャリアが途切れてしまうこともあるかもしれませんが、私は一度途切れたとしても、また働きたいと思っています。今は一生戦える力が付けられる位、沢山の仕事を経験して、自分が進みたい道へ進めるだけの実力をつけておきたいと思います。

ちなみに結婚は27、28歳ぐらいでしたいです。社会人になると、1年が早いなと思うので、あっという間に27、28歳になっていそうです。

社内の女性で結婚している人は、三分の一ぐらいです。男性は子供がいる社員が多くて、育休を取る人も多いです。

 

【学生へのメッセージ】

これまでの人生で印象的だった出来事はありますか?

青森に住んでいた頃から、好奇心が旺盛で、あれ行きたいこれ行きたいと親に言っていました。私が住んでいた地域の回覧板にはイベント募集の枠があって、星を見る会やロボットを作る教室、地元を歩こうツアーなど色んなイベントが開催されていたので、頻繁に行っていました。ただ学校の友達をイベントに誘っても面倒くさがって誰も一緒に行ってくれませんでした(笑)。それを親に言うと、それなら1人で行けばいいじゃないと後押ししてくれたので、1人でも色々なところに行きました。

その色々な経験のお陰で、女性の少ないアドテク業界にもすんなりと馴染めたのかなと思います。

 

私は、大体のことは始めるまでは面倒でも、始めてしまえば楽しくなると思っています。お風呂に例えられると思っていて、お風呂に入って髪を乾かすことまで考えると面倒だけど、お風呂に入ってしまえば気持ちよくて出たくなくなっちゃいますよね?それと同じで、面倒だと思っても、始めてみると楽しくて、ずっと続けられるし、始めて良かったと思えると気付きました。

今でもfacebookのイベント募集などを通して、面白そうなイベントには極力参加しています。「また次でいいか」と思っても、次のイベントと今回のイベントに参加するメンバーは同じだとは限らないですよね。機会を逃すまいと思い、知らない人ばかりでも参加します。

ringo 

実家で育てているという『彩香』という名のりんごと一緒に。

りんごの名前が娘さんの名前と一緒だなんて素敵ですね!

 

学生のうちにやっておいて良かったこと、やっておいたら良かったと思うことはありますか?

学生のうちにやっておいて良かったことは、色々なところに行ったことですね。IT業界に興味を持った時も、プログラミングの研修を受けるために10日間だけ東京に来ました。文系にとってはとっつきにくいITへの抵抗感が薄れたことや、同じように新しいことに挑戦したい!と思う人々と互いに刺激を受けながら成長し合える関係になれたので、本当にやって良かったなと思います。

やっておいたら良かった思うことは、インターンです。ジーニーでもインターンから正社員になった人もいますし、同じ大学の友人も、インターンから就職した子も多いのですが、学生時代から時間の使い方がうまくて羨ましいなと思っていました。

社会人になってみると休日は大切ですが、大学生の頃は休日の大切さもよくわからず、今日が何曜日なのかもわかりませんでした(笑)。学生の頃は時間が沢山あって、できることが沢山あったはずなのに、なかなか1日を大切にできないものですよね。インターンは社会人との関わり合いを持つことで、時間の大切さを感じるきっかけにもなると思います。

 

アドテク業界を目指している人たちへメッセージをお願いします。

ITの中でもアドテク業界はスピードが速く、新しいものが次々と出てくる業界なので、確実に成長できます。得られることが多い業界だと思うので、一生戦える力をつけたい人はアドテク業界にきて欲しいと思います。

IoTが進んで行く中で、アドテク技術は重要なパートを担っていきます。今後、アドテク業界で身に付けた力は多くの場面で応用できると思いますので、興味がある人はぜひ、挑戦して下さい。

 

木村さん、ありがとうございました。

ジーニーさんが気になる方はコチラ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. jttop
    女子Tech編集部です。   今回は、『TECH::CAMP』を運営するdivの中山紗彩…
  2. toyoda joshitech
    女子Tech編集部です。 今回は、『おうちごはん』でも人気の、トレンダーズ…
  3. umezawa icatch
    こんにちは!ともよです。 今回はアプリボットのマーケティングチーム マネー…
ページ上部へ戻る