ビズリーチ スタンバイ事業本部 インフォメーションアーキテクト 佐々木奈央

001

こんにちは。

 

今回は、ビズリーチ スタンバイ事業本部 インフォメーションアーキテクトの佐々木奈央さんを取材します。

佐々木さんは、大学を卒業してソフトウェア企画・販売会社に就職して3年間広報を経験した後、デザインの専門学校に通いながら派遣社員として外資系企業のWebサービスに携わり、フリーランスでWebデザイナーの経験を経て、会社を設立。その後、ビズリーチさんに入社という、少し変わったご経歴をお持ちです。

 

なぜ、デザイナーになったのか、デザイナーになるには何からはじめたらいいのか等、色々お話をお伺いしました!

 

入社したきっかけを教えて下さい。

自分で会社を立ち上げる前は、match.comという会社に派遣で入り、そこではじめてデザイナーとして働きました。

match.comで、デザインを直接指導してくれたのが、実は、現在ビズリーチで取締役をしている永田です。当時は、デザイナーの仕事がどういうものかぼんやりとしていたのですが、永田からマーケティング視点のデザインの仕方を教わりました。他の会社さんと比較すると恐らく違うと思うのですが、数字をもとにしてデザインを考えるという方法です。

一般的に、デザイナーというとアーティスティックなものを作るというイメージがあると思うのですが、そうではなく、マーケティングや営業といったようにデザイナー以外の人も一緒にデザインを考えられるような論理的なデザインを教わったんですね。その論理的なデザインの仕方というものがとても興味深くて、分かりやすくて、本当に楽しく仕事をしていたのですが、永田がmatch.comを辞めたのを機に、私も次のステップを踏み出すことにしたんです。自分で会社を立ち上げました。でも、約3年間やってきて、自分の仕事にだんだん不安を持ち始めて。会社と言っても基本的には1人でやっていたので、例え間違ったことをしていたとしても指摘してくれる人がいないんです。叱ってくれる人もいない。

数字をもとにしたデザインを続けたかったのですが、周囲になかなか理解されず、結局、論理的にデザインをするという機会自体も減ってしまいました。

ただ、正直なところフリーランスでやっていると、お金はたくさん入ってきます。それが、恐ろしいなと思って。match.comでやっていた時の方が、濃い内容のことをやっていたのに、薄い内容のことの方が儲かってしまう。それが本質的ではないなと思ったんです。

3年後は同じ給料をいただけていたとしても、10年後に、このまま同じだけお給料もらえるのか、10年後も今みたいな仕事をしているのかって考えるとすごく不安になりました。

そのときに、永田がビズリーチに遊びに来なよって言ってくれて。これはデザイナーとは何かを教えてくれた永田と一緒にもう1回企業で働くことができるチャンスだと思って、そのまま入社することに決めました。

 

なぜ、デザイナーという職業を選んだのですか?

大学を卒業して、すぐに、ソフトウェア企画・販売の会社に就職して広報をしていたのですが、実は入社する前からデザイナーになりたかったんですね。1社目の会社では、デザイナーになりたいという想いを事前に伝えた上で入社をしています。

大学はデザインとは関係のない学部だったため、デザイナーとしてそのまますぐに就職はできないと思っていたので、学校に行こうと思ったんです。でも大学を卒業したばかりで、すぐにデザイン学校の学費を払うのが難しかったので、仕事をしつつ勉強をして、お金を貯めようということでまずは企業に就職しました。

 

そもそも、なぜ、デザイナーになりたかったのかというと、2つ理由があります。

1つは、単純に子供の頃から図工や美術が好きで得意だったということです。

もう1つは、洗濯機のデザインを自分でしたいと思ったからです(笑)。インテリアに興味があって大学生になって、東京で1人暮らしをしたとき、自分で家電を買いそろえてみると洗濯機のデザインが気に入らなかったんですよ(笑)。なぜだろうと思ったときに、縦型の洗濯機だと上にタッチするボタンがいっぱいあるじゃないですか。変な色とか形とかのボタンがいっぱいあって、他は好きなモノ集めたのに、ここだけ気持ち悪いみたいな感じでそれが嫌だったんですね。

作る側にまわれたら、すごく楽しいなと思って。

就職活動の中で、自分は何がしたいのか考えたとき、世界の人の役に立ちたいとか、そんな壮大な夢はなかったのですが、好きなことをやれたら上手くいくんじゃないかと思ってデザイナーを目指しました。

007

現在の仕事内容を教えて下さい。

スタンバイ』という新サービスのデザインを担当しています。スタンバイは、求人に特化したGoogleのようなものです。アルバイト、派遣社員、パート、正社員、全ての働き方、あらゆる年代層の方向けに、スタンバイで検索したら、約400万件の求人から全国のさまざまな求人が出てくるサービスです。

その中で私はWebデザインを担当しているのですが、単純にディレクターからこれ作ってという形であがってくるのではなくて、一緒に考えながら、ユーザーにとって、このページに何の意味があるのかとか、このサイトはどうあるべきなのかとか。この数字をきちんと表示した方がいいよねとか、出さない方がユーザーにとっては便利だよねとか、ディレクターと一緒に考えながら画面を作っています。

 

仕事のやりがいを教えて下さい。

デザイナーだけでなく、例えばマーケッターやエンジニアといった別の職種の人たちと、共通の目標を持って、いいサービス作れたねと思いながら作ることができるのがやりがいを感じるところですね。会社としてやっているサービスなので、やはり、売上げを上げなければいけません。スタンバイの場合ですと、仕事を探す人も、求人情報を掲載する企業も全て無料で利用できます。どこから売上げを出すかというと、そのページの上部などに掲載している広告をクリックした時のお金が売上げになります。でも、突然売上げができることはないので、その前って何だろうっていうことを、メンバーで意識して考えてみると、広告をクリックしてもらうためには、そもそもこのサイトにたくさん人が来て、見てくれる必要がある。訪問者が100人から1000人になったらクリック数も増えるよねとか。1人の人が3ページから10ページ見てくれるようになったらクリック数も増えるよねとか。では、そのためにはどんなデザインをすればいいかと考える。そんな風にみんなで視座を合わせて、みんながそれに向かって改善を重ねる。それが気持ちいいというか、そこがやりがいだと思っています。

 

仕事の中で心掛けていることはありますか?

みんなが納得して、楽しみながらできることが1番重要だと思っています。

私自身がメンバーと働くことにやりがいを感じているというところもあるので、自分1人が納得して、100%このデザインが最高だと思っていても、みんなが納得していないと1回目がよくても、2回目、3回目は上手くいかなくなると思うんですね。それは、私がやりたい仕事ではないので、メンバーが納得して作ったサービスが結果として売上げに結びつく。ということは、その先のお客さんも納得して使ってくれているんだろうなと、その納得感は重要だと思っています。

デザイナー同士だと、好みやスタイルが違うときもあり、ぶつかることもあるのですが、その時は、お互いの意見をデザインにおこしてみて、実際、どうか見てみることにしています。頭で考えているのと、目で見るのは違うなと思うので。

006

今、気になるwebサービス、アプリ等はありますか?  

Withingsという体重計のアプリを愛用しています。体重計にのると、Bluetoothで同期してくれるというアプリなんですね。体重計もそのために買いました。

心拍数を計測したり、万歩計の機能もありますし、何月何日までに何キロにしたいと設定してスタートするのですが、上手く体重が落ちていなかったりするとアラートが出てくるんです。

こういうインタラクティブなアプリとかは非常に便利で参考になると思っています。

デザイン面でもいいなと思うのが、言語に頼ることなく、何を表現しているかが分かるところです。時々、上手く翻訳されていないところがあるのですが(笑)、言語に頼らないインターフェースだなと思っていて、そこは良いところだなと思っています。

 

夢を教えて下さい。

小さな夢ではありますし、実際、叶っていることでもありますが、色んな職種の人と関わり続けることができて、その中でデザインをアウトプットしていきたいなと思っています。ビズリーチは急激に人数が増えてきていて、私が入社した当時は10名程度だったのですが、今では560名にまで増えています。デザイナーの人数も嬉しいことに増えているのでデザイナーの部署ができているのですが、デザイナーの中だけでアウトプットするような形になってしまうのは嫌だなと思っているんですよ。そうすると思考回路がデザイナーだけになってしまう。そうではなく、より色んな視点でサービスを作っていくために色んな職種の人と関わりながらデザインをやっていきたいなと思っています。

個人的には、不労所得を得てみたいと思っています。働かなくても継続的に収入が入ってくるような。ブログを作っている人とか、アフェリエイトとして収入を得ている人とか、デザイナーの人だとLINEのスタンプを作って爆発的に人気が出てすごく稼いでいるような方もいらっしゃいますよね。私は今まで、1円も不労所得を得ていない状態なので、そこで、働かないで食べたいというわけではないのですが、今までやったことのないことの1つなので、それは夢としてやってみたいと思っています。

003

【学生へのメッセージ】

デザイナーになるには、何からはじめたら良いのでしょうか?

私はまず、学校に通いましたが、お金をかけなくてもできることはあると思っています。色々やってみて分かったのですが、マネをしてみるということが最初は大事ですね。

好きなイラストとかデザイン、この形はどういう形なんだろうとか、考えながらマネをする。そうすると、デザイナーの意図が分かったり、なぜ、デザイナーはこういう風に作ったのだろうという違和感を感じたり、マネをすることでデッサンも学べますし、そうやって複合的に色んなことが吸収できると思うんですね。

自分の将来を決めきれていないときや、自分が本当に好きかどうかが不安なときに試してみるのもいいと思います。デザイナーは一見華やかに見える職業かもしれませんが、かどうかを確かめるためにもマネしてみるというのはいいことだと思います。

 

学生のうちにやっておいて良かったこと、やっておいたら良かったと思うことはありますか?

社会人になってからのことなのですが、デザインの学校に行って本当に良かったと思っています。学校を卒業しても、未だに交流がありまして、旅行したり、お茶をしながら最近こういうの作ったよとか、そのデザインいいねとか、利害関係なしに話すことができるんですね。デザイナーだけで固まっていたくはないけど、当時のメンバーは単純にデザインが好きなのですごく面白いんですよ。そういう仲間に出会えたことはすごく良かったと思います。

あと、学生のころによくやっていて良かったなと後々思うことは、色んなインプットの時間を持ったことですね。図書館に午前中に行って、本を借りられるだけ借りて、1日かけて全部読みました。小説だったりインテリアの本だったり。渋滞学といった本まで、本当に色んな種類の本を読みました。それは余裕があったからできたことで、引き出しが増やせた時間だなと思っていて。時間があるときに、インプットの時間を持てたことはすごく良かったです。

 

やっておいたら良かったなと思うことは、もっと真面目に英語を勉強しておけばよかったなと。中学生の頃から本当に英語が苦手で、なぜあんなにやらなかったのだろうと反省しているところです。

社内にも、英語をメインで話すメンバーがいるので、そういう優秀なメンバーともっと色んな話ができたら楽しいだろうなと思いますし、調べ物があってインターネットで調べた時に、他の国のほうが進んでいることがたくさんあるので、それを読みたいときに、英語がきちんと読めないと大変です。翻訳ソフトも今ではあるにはありますが、授業の中だけでもいいから、もっと真面目にやっておけば良かったなと思っています。

 

デザイナーになりたい学生へのメッセージをお願いします。

もともと私は洗濯機を作る工業デザイナーになりたかったんですが、現実はWebデザイナーをしています。でも、ものすごく共通点を感じるところがあるんですね。立体的なものと平面なものって違う気がするのですが、デザインってものすごく共通点があるし、先ほども申し上げた、本の知識もすごく役に立っています。ある限定されたジャンルのデザイナーになりたいなと思っても、よっぽど、それやらなかったら死んじゃう、という希望がない限りは、色んなデザインに目を向けてもらうことが、いいデザイナーになるためには重要だと思います。たくさん興味を持つことは、今後何をやるにも役に立つはずです。周りに目を向けることを楽しんで下さい。

 

佐々木さん、ありがとうございました。

 

夢を1つずつ着実に叶えていく佐々木さんの生き方がとても魅力的でした。

スタンバイのロゴのデザインにもかなりこだわったとのことで…。今後の展開にも注目です!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. toyoda joshitech
    女子Tech編集部です。 今回は、『おうちごはん』でも人気の、トレンダーズ…
  2. umezawa icatch
    こんにちは!ともよです。 今回はアプリボットのマーケティングチーム マネー…
  3. jt fuku01
    女子Tech編集部です。 今回は、サイバーエージェントの福地さんにインタビューしてきました! …
ページ上部へ戻る