ビジネスバンクグループ ALL-IN事業部 エンジニア 清水恭子

jticatch

女子Tech編集部です。

今回は、ビジネスバンクグループのエンジニアである清水さんにお話を伺います。

 

ご経歴を教えてください!

東京生まれ、東京育ちです。幼稚園からずっと同じ女子高の一貫校に通っていまして、高校生のときは海外に興味があり、イギリスとニュージーランドに短期留学をしていました。大学受験をして理系の大学に進み、プログラミングやアルゴリズム論の勉強していました。今はエンジニアとしてALL-INの事業部で働いています。

 

どんな学生生活を過ごしていましたか?

比較的やりたいことにはチャレンジできた学生生活でした。高校生のときから演劇には興味があり、大学に入ったら挑戦してみようと思っていたので、大学に入って、迷わず演劇を始めました(笑)。

バスケットサークルにも入っていましたね。

ボランティアに参加して、カンボジアで少しだけ生活をした時期もあります。カンボジアでは実際に村の方たちと同じ生活をして、水も電気もない中で、現地の子どもたちに英語や日本語を教えながら、自分とは真逆の生活をしている人たちとで過ごしたのはいい経験でした。

ボランティアをしようと思ったのは、漠然と「全然違うことをやってみたいな」と思ったからです。人のために何か活動をしてみたいなと思ったときに、どうせやるなら、どこか遠くに行きたくて、カンボジアに行きました。

jtsimizu01

学生の頃にやっていて良かったこと、やっておいたら良かったことはありますか?

演劇はやっておいて良かったと思います。

実際にお金をいただいて自分たちが作り上げたものをお客様に提供するといった、「お金が発生している・対価をいただく」ということを体験できたことが大きかったですね。

私は、人を笑わせるような面白いキャラクターを演じることが多かったのですが、演技をする時、実は、泣かすことよりも笑わせることの方が難しいといわれてるんです。やはり笑わせるためにはタイミングも大事で、失敗することもありましたし苦労しました。

ただ、そういう経験も、仕事でプレゼンをする時などに役立っています。どうすれば興味を持っていただけるかのヒントになっていますね。

加えて、大学時代の勉強もやっておいて良かったと思っています。

私はアルゴリズム系の研究室にいたのですが、卒業研究では、自分で証明問題を作って自分で証明しました。証明問題は、解くのが難しくて、論理的に考えることや、問題が解けない時に諦めないという強さを身につけることができたと思います。

jtshimizu11

ライフプランを教えて下さい

まずは、3年間でエンジニアとしての基礎を身につけることが目標ですね。3年後に、明確に自分の目標が見つかったときに困らないようにしたいと思っています。

起業家支援の事業をしていますが、私自身は起業は考えていなくて、この会社でサポートをしたいという気持ちです。

ただ、一度は海外で仕事ができるといいなと考えています。

 

今、気になるWebサービスやアプリはありますか?

これ面白いな!と思ったのが、「Map Life」という地図アプリケーションです。自分がいつどこに行ったかというのを記録し、分類してくれるアプリです。

いままで行ったことのある場所にもう一度行きたいな、と思うことがよくあるのですが、その度にまた住所を調べて、入力して地図を開いてという作業が嫌だなと思っていて。

このアプリは自分が行った場所の記録を蓄積してくれるし、画像も紐づけしてくれるので、とても便利です。

余談ですが…

先日、会社の研修で島根に行きました。ALL-INのシステムがRubyで書かれているのですが、Rubyは島根で誕生した言語なんですよ!

jtshimizu03

学生へのメッセージをお願いします。

学生のうちにしかできないこともたくさんあるので、やりたいと思ったことはやってみると良いと思います。

あとは、少しでもITやプログラミングに興味があれば、学生のうちにたくさん情報収集をしたほうがいいなと感じています。私は学生のときにあまり情報収集が出来ていなくて、自分のない知識を集めることに今苦労をしているので、学生の間になるべく多く情報収集ができていると、社会人になって役に立つと思いますよ。

 

清水さん、ありがとうございました。

とてもアクティブに行動されていて刺激になりました!

 

ビジネスバンクグループさんが気になる方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. toyoda joshitech
    女子Tech編集部です。 今回は、『おうちごはん』でも人気の、トレンダーズ…
  2. umezawa icatch
    こんにちは!ともよです。 今回はアプリボットのマーケティングチーム マネー…
  3. jt fuku01
    女子Tech編集部です。 今回は、サイバーエージェントの福地さんにインタビューしてきました! …
ページ上部へ戻る